都市型ハイヤーの特徴

ハイヤーを利用するにあたって、目的に応じて利用することが肝要です。一般的に二つのタイプに分けられていて、都市型ハイヤーと、それ以外のハイヤーという種類があります。都市型というタイプは、運行1回につき一定の時間、規定では2時間以上のサービスを利用者と契約する必要があります。そして、基本的に営業所を出発した出庫時間から帰庫するまでの全区間が予約時間の対象となります。そして、一部のエリアでのみ営業をしているといった特徴もあります。それ以外のハイヤーは、社用車や役員車として、車両とドライバーを固定し一定期間契約するといったものがあります。また、役員陣の通勤のみの契約をするというケースもあります。

都市型ハイヤーの利用は、事前に契約した内容に基づいて乗降する場所や利用時間に応じて料金が決められます。そして、完全予約制で利用するという点も特徴的です。外国から訪れた方の観光利用や出張、視察などで都市部にて使用されることが目的です。平成26年に国土交通省告示された比較的新しい区分となっています。円安によって観光客が増え車両不足が発生し、営業予定都市も増えています。

都市型ハイヤーは、自由度が高いサービスを提供しています。また、発地点が営業区域であれば、空港まで送迎に行ったり、観光旅行で利用することができます。そして、なによりも専属契約がいらないという点が、都市型ハイヤーの大きな特徴と言えるでしょう。必要が出た時だけ、たとえば接待や取引先の人の送迎などのために、ピンポイントで依頼することができるのです。

こうしたことから、都市型ハイヤーは個人からの依頼も受け付けています。特別な人との時間を演出するために頼んだり、パーティーに行く時の移動手段として呼んだりできるわけです。料金は時間制となっていて固定費がかかりませんので、より頼みやすいのがメリットです。こうした点においては、都市型ハイヤーはタクシーにより近いサービスと言えます。気軽に誰でも依頼できるので、とても便利です。こうした便利さを持ちながらも、高級な自動車を利用して移動できたり、最高の接客を受けられるというのがうれしいところです。

いろいろなお客様に対応するということから、ハイヤーを運営する会社は異なる車種を持っていることが多いです。そのため、グループで利用するために大きめの車両を依頼できるなどのメリットがあります。いろいろなシーンや目的に合わせて使い分けられるのが特徴と言えます。